出会い系サイトABC

コロナ禍は出会い系でタダマンのチャンス!セフレを作りやすい理由とは?

朝から夜までハイテンション!!!!!!


今回は、コロナウイルスの影響で、出会い系サイトで女性とタダマンしやすい理由について解説していきます。タダマンとまではいかなくても、食事を奢っただけで大人の関係になることができたり、比較的簡単に会えるようになっています。


中国の武漢から始まったコロナウイルスは、今や全世界の常識を覆そうとしています。人々の生活が大きく変わる中、恋愛・セフレといった分野でもその流れを大きく受けています。そこで今回は、コロナ禍がどうしてタダマンしやすいのか、セフレづくりのハードルが大きく下がったのかという理由について紹介していきます。

コロナ禍でタダマンしやすくなった

婚活・恋愛を意識する女性の増加

コロナウイルスという前代未聞の危機の影響で、婚活・恋愛を意識する女性が増加しています。そのため、以前と比べて女性とデートしやすくなっていますし、セックスに持ち込みやすくなっています。つまりタダマンしやすくなっています。

「婚活業界」では全体的に入会者が増えているようです。将来に不安を感じる方も多いようで特に女性の入会が増えているとか。今はオンラインデートもあります。「でもオンラインで相手のことなんか分かるの?」とも思われるかもしれませんが、日経ビジネスの記事によると「交際成立率が、通常の対面に比べて20~30%高いという思わぬ効果も。」とのこと。

(参考:下山敬三氏のメルマガ)


恋愛を意識している女性が増えたことで、LINE交換までの道のりが思った以上に簡単になりました。それに、LINE交換をしてからすぐに出会えるようになりました。さらに出会ってからすぐにホテルでセックスに持ち込むことができることが多くなりました。


皮肉にもコロナウイルスの影響で、人類史上稀にみるタダマンしやすい時代になりました。女性が「恋愛しなくちゃ」「彼氏を作らなくちゃ」と焦っているときがチャンスです。「相性のいい男性を取り逃したくない」という思いから、身体を許してくれるハードルが下がっています。


ただし、女性が「この男性とならセックスしてもいいかな」と思わなければいけません。そのためには、清潔で相手に不快感を与えないようにすればOKなので、意外と簡単です。

自粛生活でストレスが溜まりやすい

自粛生活でストレスが溜まりやすくなっているのも、タダマンしやすい理由の一つです。以前の記事で「ストレスが溜まりやすい職業の女性を狙えばセックスしやすくなる」と解説しましたが、コロナ禍ではほぼ全ての職業でストレスが溜まっています。


なぜなら、コロナ対策で慣れない在宅勤務を命じられたり、感染症対策で業務の変革を迫られているからです。対面販売の見直し、感染症対策のためのマスク着用、職場の換気・アルコール消毒などでストレスが溜まりやすくなります。


●飲食店・販売店→不特定多数の人と接触する恐怖

●事務職→時差出勤・在宅勤務・職場の定期的な換気やアルコール消毒といった慣れない業務

●医療従事者→コロナに感染している人と接触するかもしれないという恐怖


自分は営業マンなので、コロナウイルスの影響で取引先との営業がやりづらく感じます。マスクを通してしか営業活動ができないので、取引先の反応がわかりにくいからです。それと同じように、他の職種の人も慣れない業務が増えてストレスを感じていると嘆いています。

ストレスを抱えたままだと病んでしまうので、人間はどこかでストレスを発散する必要があります。ストレスを発散させる最も効果的なのはセックスです。セックスでストレスが発散できることが無意識にわかっているため、多くの女性がセックスをしたがっています。

娯楽の大幅減少

コロナウイルスの影響で、娯楽が自由に楽しめなくなったのも、タダマンしやすくなった理由の一つです。


趣味がお絵かきや読書など家で楽しめるインドア派であれば、趣味がなくなることはありません。しかし、登山やフィットネス、カラオケといったような外で何かしらするような趣味だと、コロナで趣味が楽しめなくなります。そのため、趣味が楽しめなくなり、ストレスが溜まり、性欲が溜まります。


その結果、セックスをするのが趣味の一つになります。「セックスが趣味?!」となるかと思いますが、自分の身体を受け入れてくれて、快楽に導いてくれる(男性のセックスが上手ければに限ります)ので、趣味としてはピッタリです。「オナニーをするのが趣味」という女性も知り合いにいるぐらいなので、オナニーの延長線のようなものです。


そのため、コロナをきっかけにセックスを趣味にしている女性が急増しています。そのような女性はセックスに積極的であることが多く(出会い系サイトに登録するぐらいなので当然かもしれませんが)、出会ってすぐにセックスすることも夢ではありません。


「童貞だからどうやって女性をリードすればいいんだ」といったような心配は不要です。セックスが趣味の女性ならば、童貞であっても女性が指導してくれます。童貞は流れに身を任せて、思いっきり発射しましょう。

女性側に余裕がなくなった

女性側に余裕がなくなってきたのも、タダマンしやすくなった理由の一つです。タダマンとまではいかなくても、まあまあ高い食事を奢っただけで、セックスしてくれる女子が急増しています。(※食事を奢ってセックスすることは、売春行為には当たりません)


コロナウイルスの影響とパパ活女子の急増により、パパ活市場が飽和気味になりました。数少ない太パパ(お手当ての額が大きい男性)を20代前半の女子大生とOLで取り合っているのが今のパパ活市場です。なぜなら、コロナウイルスで在宅勤務や時差出勤で男性の行動が制限されていることや、国の要請で夜の街が自粛営業をせざるを得ない雰囲気であること、パパ活に抵抗がない女子の増加などが挙げられます。


そのため、キャバ嬢や泡姫が生活のためにパパ活をしたり、とにかく男性から食事だけでも奢ってもらってチヤホヤされたい20代後半から30代前半の女性までいます。そんな彼女らは条件さえそろえば、セックスしてくれます。40代、50代の男性だったとしても関係ありません。


ただし、キャバ嬢や泡姫は職業柄、数万円から数十万円の金銭を要求してくることがほとんどなので、できるだけ関わらないようにしましょう。それよりも、食事を奢ってもらって女性としてチヤホヤされたい20代後半から30代の女性を狙うべきです。食事を奢ってあげることで、彼女らは「一人の女性として見てくれている」というプライドがくすぐられます。


もともと食事を奢ってほしい20代後半から30代の女性は、コロナ禍まではお手当て付きで食事を奢っていたケースが多かったです。しかし、20代前半の女性が参入してきて、モデル並みにスタイルが良くて美人でなければ勝てなくなりました。けれども、男性から食事を奢ってほしい欲求やチヤホヤされたい欲求は簡単には消えません。


そのため、こういったお手当て無しで食事を奢ってほしい女子が急増しているのです。必ずしも食事を奢ればセックスしてくれるとは限りませんが、女性が「この男性とならセックスしてもいいかな」と思ってもらえれば、セックスまでの道のりは簡単です。実際に自分もコロナ禍でしゃぶしゃぶを奢っただけでセックスすることができました(その後にセフレ化に成功)。


そのような女性は美人でスタイルがいいので、食事を奢るだけでセックスできるのであれば、高級ソープ以上の価値があります。高級ソープ嬢並の女性をしゃぶしゃぶを奢るだけでゲットできるのは最高ですよね?!どうしても18歳以上23以下のスタイル抜群の美女とセックスしたいという人には向きませんが、年齢さえ気にしなければ好条件です。

価値観が保守化している

価値観が保守化しているのもタダマンしやすくなった理由の一つです。「価値観が保守化している→女性のガードが固くなった」のではなく、「価値観が保守化している→女性のガードが緩くなった」が正解です。価値観が保守化した原因は、やはりコロナウイルスが感染しています。


コロナウイルスが流行する前までは、どちらかと言うと社会が古い価値観から新しい価値観(恋愛しなくていい・結婚しなくていい)を受け入れようとしている空気感がありました。具体例をいくつか挙げます。

●男性・女性共に生涯独身でもOKという社会の雰囲気

●「恋人いない歴=年齢」でもおかしくない社会の雰囲気

●恋愛・結婚は強制されるべきではない社会の雰囲気


しかし、コロナが流行してから社会が大きく変わりました。飲食店や旅行業界など、人が動くことが前提の業界では厳しい状況が続いています。コロナを理由に雇止めや倒産なども増加しています。JTBでは冬のボーナスゼロを発表するなど、社会に衝撃を与えました。

信用調査会社の帝国データバンクは3日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた企業や個人事業者の倒産件数(負債1000万円未満含む)が全国で400件に達したと発表した。3日(16時)時点で406件。外出自粛を受け、飲食店やホテル・旅館を中心に倒産が増加している。(参考:時事ドットコムニュース

JTBは社員約1万3000人に対して、2020年度冬季のボーナスを支給しないことが分かった。既に労使間で合意し、6月29日付で同社内で発表した。JTBは分社化などを経ており単純比較できないが、冬のボーナス支給が見送られるのは少なくとも1989年(平成元年)以降初めてとなる。(参考:日本経済新聞


それと共に人々の間にも考え方の変化が生まれました。結婚のことなんて考えていなかった人でも、結婚を気にするようになったり、家族の重要性を理解しました。仮に仕事がなくなっても家族のパートナーが働いていればどん底にはなりません。 そして、恋愛や結婚といったものが見直され、「恋愛したい」「結婚したい」といった考えが見直されました。

価値観が保守化しているといっても、「結婚するまで処女であるべき」「恋愛結婚ではなく、お見合い結婚」などということではありません。「結婚しない→結婚したほうがいい」「とにかく恋愛や結婚をするべき」という方向性に変わっただけです。


つまりコロナ禍は恋愛・結婚がしやすい時代だといえます。それに伴い、セックスしやすい時代になりました。ガードが緩くなった女性が多くなったので、童貞を卒業しやすくなりました。


後はあなたが行動するかしないかです。私は「童貞を卒業したい」「セフレを作って人生を充実させたい」と思って出会い系サイトのPCMAX(18歳以上)に登録して願いを叶えました。PCMAXはバランスのとれた出会い系サイトなので、ぜひ登録すべきです。


次はあなたの番です。この下のURLからワンクリックで登録できますので、まずは登録しましょう。行動することで、あなたの人生が大きく変わります。


簡単・無料登録のPCMAXはコチラ


恋人・セフレは出会い系サイトで見つけるのが主流

コミュ障で恋愛経験ゼロでもPCMAXに救われました

PCMAXは一番オススメする出会い系サイトです。なぜなら、1500万人以上のダントツに多い会員数と、男女から圧倒的支持があるPCMAXを使い倒したことで、社会人童貞で恋愛経験ゼロの自分の人生を大きく変えてくれたからです。


PCMAXで経験豊富な女性に童貞を卒業してもらい、複数の女性をセフレにして、結婚前提の恋人を作れたことで、コミュ障で恋愛経験ゼロの昔の自分から卒業できました。

●童貞を卒業できて自信がついた

●セックスの本当の楽しさがわかった

●結婚前提の恋人が作れた


もしも自分がPCMAXなどの出会い系サイトに出会っていなかったら、一生童貞でオナニーだけが楽しみの人生になっていたと考えるとゾッとします。


「俺はイケメンで、社長の御曹司だから女性には困らない」「バレンタインデーでチョコをもらいすぎて困っている」「クリスマスは愛人たちとHする予定あるけど何か?」といった女性に恵まれた男には、出会い系サイトは不要です。


しかし、以前の自分のように「恋人いなくて寂しい」「セックスしたいけど、風俗で童貞を卒業するのはなんか違う」「セフレ作って色々やりたい」という思いを一つでも胸に秘めているのであれば、出会い系サイトを使い倒すべきです。


出会い系サイトに少しでも興味があれば、PCMAXに登録して人生を変えることを強くオススメします。即行動を心がけて、自分の人生を大きく前進させましょう!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

-出会い系サイトABC

Copyright© 出会い進化論 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.