出会い系サイトABC

バレなさすぎ!不倫や寝取りに出会い系サイトを使うべき5つの理由

朝から夜までハイテンション!!!!!!


今回は、不倫や寝取りをするために出会い系サイトを使うべき理由を5つ紹介していきます。男性なら一度でも人妻とセックスしたいと思ったことがあるはずです。そのため人妻風俗店のようなものもあるぐらい、人妻は需要があります。しかし、身体の関係なしの不倫や、欲望マックスの寝取りをしてしまうのは、リスクがありすぎます。


自分が独身で既婚者と不倫関係になってしまうと、不倫相手の配偶者にバレる危険性があります。それに自分が既婚者だった場合、独身や既婚者同士に関係なく、自分の配偶者にバレてしまったら離婚の危険性があります。そのため、できるだけバレないように不倫や寝取りをすることが大切です。そこでバレる確率を大幅に減らすために、出会い系サイトを使うべき理由を紹介していきます。

不倫や寝取りに出会い系サイトが超オススメの理由

身近な人に出会うリスクを避けれる

身近な人に出会うリスクを避けられるのも出会い系サイトの大きな魅力です。不倫したい相手を近所で探すことさえしなければ、基本的に知り合いに会う確率は下げられます。自分も複数の出会い系サイトを使っていますが、今まで知り合いに出会ったことは一度もありません。大手の出会い系サイトの場合、登録者が100万人超えしているため、知り合いに出会うことがありません


出会い系サイトを使わないで不倫をするとなるとどうしますか?おそらく大半の人が、自分の周りの人の中から不倫相手を探します。しかし、近所で顔見知りであるがゆえに面倒ごとに巻き込まれるリスクがあります。また職場の場合、危険な火遊びは自分の人生を大きく左右することになる可能性が高まります。


近所で不倫をすれば、近所の住民に見られてしまい、余計な噂が立ってしまいます。それに職場で不倫をしてしまうと、上層部にバレたときが厄介です。人事異動の対象になったり、降格されたり、遠くに転勤させられることは覚悟したほうがいいでしょう。ただし、よっぽど業務に支障をきたしていないのであれば、不倫を理由に解雇されることはめったにありません。

社内不倫の事実が会社に知られ、職場の秩序・風紀を乱している、業務に悪影響を及ぼしていると判断された場合、懲戒処分の対象になる可能性があります。(中略)懲戒処分の内容として、異動・降格・退職勧奨が挙げられます。このような処分をされてしまったら、たとえ会社に残れても、うわさになり気まずい思いをするでしょう。また、今まで築いてきたキャリアや功績を、すべて台無しにしてしまうのです。(離婚弁護士ナビ


しかし、出会い系サイトならばそのような心配は不要です。あなたの周りの知り合いの数が1万人以上いるなら別ですが、せいぜい20人ぐらいでしょう。そのため、100万人以上の登録者の中から知り合いに出会う確率はかなり低くなります。レアケースでは、小中高の同級生に会ったことがある人もいたぐらいです。その後めでたくゴールインしました。


そのため、身近な人に不倫されていることを知られたくない人や、仕事とプライベートを完全に分けたい人にとって、出会い系サイトは最強のツールになります。

相手もセックスをしたくて仕方がないから

出会い系サイトに登録している女性や男性のほとんどが、恋愛やセックスを楽しみたいと考えています。中にはめでたくゴールインした後で、不倫をする気がないのに登録を消し忘れている人もいます。しかし、登録者のほとんどが、恋愛をしたかったり、セフレの関係になりたいと思っています。


実はこれはスゴイことです。なぜなら、自分の周りの知り合いとセフレ関係になろうとすると「セフレにならない?」「付き合わない?」などと言わなければいけません。しかし、これはあまりにもリスキーな方法になってしまいます。近所でそのような言動をしてしまうと、ヤリチン・ヤリマンだと噂されてしまいます。それに職場でそのような発言をすることで、セクハラ認定されて会社からの評価が下がります。


自分の知り合いの中で、セフレにしたい相手が必ずしもセフレになってくれるわけではありません。また、男女に関係なく「今は恋愛したくない」という人も少なくありません。それに、「セフレになって」と女性が男性に言う場合は成功率が高まりますが、男性が女性に同じようなことを言えば失敗する確率が高くなります。成功すれば問題ありませんが、失敗した時の気まずさと、今後も顔を合わせる関係になることを考えると全くオススメできません。


しかし、出会い系サイトならどうでしょう?恋愛やセフレ希望の男女だけが出会いを求めて活動しています。そのため、恋愛やセフレに興味がない人に間違えてアタックしてしまうことを防げます。つまりローリスク・ハイリターンです。お互いの目的が同じなので、セフレにするハードルが大幅に下がります。


セックスしたい人同士で集まるハプニングバーや乱交クラブに参加する必要はありません。ハプニングバーは必ずセックスできるわけではありませんし、乱交クラブの一部にも詐欺業者が紛れ込んでいます。それにどちらも参加するためには5000円から数万円かかるので、LINE交換をすればタダチン・タダマンが可能な出会い系サイトのほうがコストパフォーマンスが高いです。

ストーカー被害のリスクがなくなる

ストーカー被害に遭遇するリスクが少ないのも、出会い系サイトの大きな特徴です。自宅に招き入れてセックスしたり、自分から個人情報をベラベラ話さなければ、相手に自宅を特定される心配は不要です。それに、出会い系サイトならではのストーカー被害に会いにくい理由があります。

●住所を教えなくていい

●セフレの関係だとお互いが割り切っている

●他にもたくさんの登録者がいる

●相手の家庭を壊そうとは思いにくい


出会い系サイトでは、セフレの関係だけにとどめておきたい人が大勢います。「時間があるからHしたい」「旦那が長期出張中だからセックスしたい」「セックスレス夫婦だから刺激が欲しい」などです。個人的には「今付き合っている人と離婚して、あなたと結婚したい」という人は今まで出会ったことがありません。ただし、相手に思わせぶりな発言をしてしまうと、本気にしてしまい結婚を迫ってくることがあるので気を付けましょう。


しかし、職場不倫や知り合いだと話が違います。身近な人であるがゆえに、自分がセフレの関係だけにとどめたいと思っていても、「離婚してあなたと結ばれたい」「どうして奥さんと離婚してくれないの?」などと相手が勘違いすることもあります。その結果、「遊びの関係で泣き寝入りするものか、会社に告発してやる」という復讐心で会社に内部告発をします。左遷されるならまだいいほうで、最悪の場合、自宅に押し掛けるストーカーに変貌して家族に危険が及びます。


また他にもたくさんの登録者がいることも、ストーカー被害に会いにくい理由です。仮に振っても降られても他にも登録者は大勢います。大手の出会い系サイトは100万人以上の登録者をほこっており、その中から好みのタイプを見つけることが可能です。さすがに80歳以上のスタイル抜群の老女を見つけるのはすごく困難ですが、若くて美人の女性ならたくさんいます。


そのため、また新しく遊び相手やセフレを探せばいいだけです。一人の男性や女性に固執するよりも、さっさと諦めて違った出会いを探したほうが効率的です。しかし、職場不倫だと異性の数が少ないため、他の理想の人が見つけにくくなります。近所での不倫も同様です。そのため、振られてしまった異性にすごく固執してしまうことになります。


また相手の家庭を壊そうという考えになりにくいのも大きな特徴です。相手の家庭を壊したくなる原因は、自分だけ被害を受けたのに、相手は何も被害を受けていないという思いが原因です。仮に自分が被害を全く受けていなければ、わざわざ相手の家庭を壊そうとは考えません。出会い系サイトに登録している人たちは、非日常のデートやセックスを楽しみたいという考えが多いです。


そのため、相手が自分に被害を与えたのに、相手はのんきに生活しているなんていう状況にはなりにくいです。もちろん、ネットワークビジネスの勧誘で騙したり、結婚詐欺で騙したり、もともと離婚する気がないのに、「離婚してお前と付き合いたい」なんてことをしてしまえば、相手がストーカーになって復讐されるのことも考えられます。その場合は自業自得なので誰も助けてくれないでしょう。


しかし、あなたは出会い系サイトでそんな不道徳なことをしますか?おそらくそんな面倒ごとに巻き込まれるようなリスキーなことはしないはずです(あなたを信じています!)。そのため、ストーカー被害に会いにくい出会い系サイトは最強アイテムになります。

自分の好みの相手を見つけやすい

自分好みのセフレ相手を見つけやすいのも出会い系サイトの大きな特徴です。職場や近所で自分の好みの女性を見つけて、声をかけてセフレにするのは至難の業です。自分の近所にも好みの女性はいませんし、職場にも好みの女性はいません。しかし、自分はデッサン教室に通っており、その中の講師の一人となら身体目的で付き合ってもいいかなと思ってしまうことがあります。


しかし、自分からは「付き合ってほしい」と声をかけることは絶対にしたくありません。やはり知り合いに声をかけるのはすごくリスクが高いですし、失敗する可能性が非常に高いです。それに、今までの関係性が壊れてしまい、デッサン教室に行きにくくなるのは何としてでも避けなければいけません。


男ばかりの会社にいる場合、好みの女性を見つけるのは簡単ではありません。それに女性にとって、セフレにしたい男性であっても、「セフレの関係で付き合ってほしい」とは言いずらいです。やはり自分の仕事がやりずらくなるのを避けるために、お互いが思うように発言できません。


しかし、出会い系サイトはどうでしょうか?大手の出会い系サイトであれば、100万人超えの登録者があるサイトばかりですし、100万人以上の中から自分好みの異性がいなかったなんてことはめったに起こりません。もし、そんなことが起こったとしたら、理想が高すぎるので見直すべきです。


20代前半の女性・美人・女性大生・巨乳・ぺちゃぱい・若妻・人妻・30歳の女性・スタイル抜群の女性・ポッチャリの女性などなど、自分好みの女性とセックスできます。人妻を抱きたい気分なら、人妻を探せばいいだけですし、スタイル抜群の美女と付き合いたいなら画像で探せばいいだけです。


「職場に60過ぎたおばちゃんしかいない」という人や、「声をかけるとマズいよな」という人のために、出会い系サイトがあります。自分の欲求に蓋をしないで出会い系サイトを使い倒しましょう。

タダマンできる

不倫や寝取りに出会い系サイトを使うべき理由は、タダマンができるからです。確かに、大手の出会い系サイトは女の子とメールを送ったり、写真を送ったりするときにポイント料金がかかります。そのため、実際にLINEを交換するのに500~千円程度かかることもあります。しかし、LINEさえ手に入れればわざわざポイント料金を使って連絡をする必要はありません。


LINEでやり取りすれば無料で連絡のやり取りができます。それに、セフレになってもらうことに成功すれば、タダマン確定です。また、不倫相手がお金に余裕がある場合、不倫相手がホテル代を払ってくれるため、自分は身体を提供するだけで済みます。セックスが無料でできて、ホテル代まで払ってくれるのはありがたいです。特に20代のチンポが欲しい30歳以上の女性がホテル代を出す傾向があります。


しかし、会社での不倫の場合はどうでしょうか?会社での不倫の多くが、先輩の男性社員と部下の女性社員というケースが多いです。なぜなら、日本ではまだまだ男性社会のため、管理職の女性の割合が少なく、結果的に男性の上司が多くなってしまうことが関係しています。そのため、比較的経済的余裕のある男性が食事やホテル代を支払わなくてはなりません。


上司として見栄を張りたいでしょうから、4000円以上はするディナーやそれなりのホテルを選ばなければいけません。もちろん男性上司が全額払います。後輩の女性には払わせないことがほとんどです。その代わり若い女性社員の身体をいただくことになりますが・・・。結果的に結構な出費になり、女性が自宅通いだったり、上司の家庭に家族がいた場合、タダマンは限りなく不可能です。


しかし、出会い系サイトの女性なら信頼関係があれば、食事に誘わずともいきなりセックスできます。見栄を張る必要がないため、余計な出費がかからず経済的です。それに女性があなたというセフレを手放したくない場合、ホテル代を出してくれます。ホテル代を出してもらうためには、女性が満足するセックスを心がける必要があるので、セックスの経験値を高めましょう。

人生を変えた出会い系サイト

人生損するな!PCMAXがあなたを幸せにする理由

PCMAXは自分が一番オススメする出会い系サイトです。なぜなら、社会人童貞で、恋愛経験ゼロの自分の人生を大きく変えてくれたのがPCMAXだからです。


PCMAXで童貞を卒業して、複数の女性をセフレにして、結婚前提の恋人を作れて自分の人生が大きく変わりました。

●童貞を卒業して心が強くなった

●セックスが楽しみの一つになった

●結婚前提の恋人をつくれた


もしも自分がPCMAXなどを含めた出会い系サイトに出会っていなかったら、一生童貞でオナニーだけが楽しみの人生になっていたと考えるとゾッとします。


そのため、あなたにも女性とのデートやセックスを通して幸せになってもらいたいので、PCMAXに登録して人生を変えることを強くオススメします。即行動を心がけて、自分の人生を大きく前進させましょう!


出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

-出会い系サイトABC

Copyright© 出会い進化論 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.