セックス授業

デート代を極限まで減らせ!ケチ認定されない方法を3つ紹介する

朝から夜までハイテンション!!!!!!


今回は、デート代を極限まで減らして、あなたがケチ認定されない方法を3つお話しします。


特に女性と付き合うためには、絶対に必要不可欠になるのがデート代です。


確かに、ストレスをセックスで発散したい女性は、ホテル代を全額負担してくれるケースもあります。しかし、多くの女性の場合、デート代は男性の全額負担か、割り勘が一般的なのが現実です。


そのため、億万長者ならともかく、毎回豪遊デートをするのは現実的ではありません。


そこで、どうすればいいのかをお話ししていきます。

■目次

●一緒に家で料理を作る
●プレゼントを手作りする
●家でセックスをする
●外デートと家デートのバランスが大事

デート代を極限まで減らす正しい方法

一緒に料理を作る

一緒に料理を作ることで、食事代を節約することができます。


特にデートの外食は選ぶ飲食店も値段が高くなりがちなので、どうしても3000円程度かかります。マクドナルドや吉野家は安いですが、対象者が中学生やサラリーマン向けなのでデートとしてはふさわしくありません。

●夕ご飯を外食して、1人1500円かかった場合

1500円 × 2人 = 3000円

●夕ご飯を一緒に作った場合

600円程度


上のように、2人で外食をすれば平気で数千円が手元から離れます。しかし、一緒に料理を作って、ふたりで食べれば600円程度しかかかりません。


そのため、外食よりも2人で料理を作るほうが安上がりになり、またコミュニケーションをする必要があり、親密になれるのでオススメです。


ただし、一緒に料理を作るためには、あなたが一人で料理を作れる必要があります(女子は心配ないです)。そこで、あまり専門的な知識が不要で、簡単に作れる割には成功しやすい料理を紹介します。

「ハンバーグ」「カレーライス」「鍋」「餃子」「豚汁」「麻婆豆腐」


ハンバーグはこねてオーブンで焼くだけですし、カレーライスも中学校の野外学習で使われるぐらい簡単です。鍋や豚汁は具材を煮込むので簡単です。麻婆豆腐も肉と野菜と豆腐を火にかけるだけでOKです。


プロの調理人からは、「簡単とか言うな!」と怒られるかもしれませんが、誰が作っても分量が正しければそれなりに美味しくなります。


それに、先ほどの料理は、「休日に男性が作る料理」として世間一般的に知られているので、男らしさを相手の女性に与えることができ、高感度UPは確実です。


外食をすればせいぜい1時間から2時間ぐらいしか時間がかかりません。しかし、家で作れば「食材購入→調理→食事→後片付け」をする必要があり、昼の3時から夜8時ぐらいまで時間がかかります。


つまり、600円程度の費用だけで、5時間近くデートをすることができます。これってスゴくないですか!?


そのため、男性が料理の腕を磨いて、女性と一緒に家で料理を作るのはとてもオススメです。

プレゼントを手作りする

プレゼントを手作りすることで、5000円から数万円のお金を節約することができます。


プレゼントといえば、高級ディナーや高そうなネックレスをイメージしてしまいがちですが、手作りしてしまえば、かなりのお金を節約することができます。


ただし、安易にネックレスを自作するのは考えものです。ど素人が作ったネックレスは流石にまずいです。


そこで、オススメなのが、手作りのケーキを作ってプレゼントをすることです。



夕ご飯を手作りするよりも、ケーキを手作りして振る舞った方が、特別感がでます。


ただし、ケーキは精密な分量を計算して作らないと悲惨な結果になります。そのため、カレーライスのように適当に野菜を切って、適当に煮込めばOKというわけにはいきません。


そのため、ケーキを手作りする際は、2回以上練習をしておくことを強くオススメします。スポンジを買ってきて生クリームを載せて、果物をトッピングするような簡単なタイプのケーキを作れればOKです。


ただし、今までお互いが高級品をプレゼントしていた場合、急に自分だけが手作りケーキに変更というのもマズいです。その場合は、彼女にも「手作りマフラーが欲しい」などと言ってみて、うまく誘導してあげましょう。


また、付き合ってからお互いにプレゼント交換をしていない場合、自分から先に手作りケーキを振る舞うのが効果的です。その際に、「手作りマフラーが欲しい」などと言って、うまく誘導してあげましょう。

家でセックスする

家でセックスをすれば、ホテル代を3000円から1万円程度節約できます。


中には漫画喫茶でセックスをする人たちもいるようですが、個室のような狭い環境でセックスをしたとしても、満足度が低くなります。


どちらかが一人暮らし、もしくは同棲している場合、ホテル代を節約するために、基本的に自宅でセックスをするべきです。


ただし、不倫カップルの場合、安易に家でセックスをしてしまうと、つまらないことから不倫がバレてしまう危険性があります。

「コンドームが落ちていた」「見慣れない下着がある」「いつもと様子が違う」など


そのため、シーツを急いで洗濯して乾燥機にかけたり、ゴミを見えない場所に隠したり、掃除機を徹底的にかけたりして、証拠隠滅をします。


けれども、不倫相手の正式なパートナーが急に家に帰宅してきた場合は、証拠を抑えられてしまいます。そうなれば、苦しい言い訳をしても意味がありません。


そのため、不倫関係のセフレの場合は、安易に家でセックスをするべきではありません。


お互いに正式なパートナーがいて、どちらの家でも急にパートナーが帰宅するリスクがあるのであれば、ホテルでセックスをするようにしましょう。


節約がしたいけれど、ホテルでセックスをする場合は、割り勘にするか、ホテルに行く頻度を減らすかなどしましょう。


また、ホテル代ゼロの方法として、野外セックスという手段もあります。ただし、野外セックスは山奥でやるならOKですが、人と出会すような場所で行ってしまうと、軽犯罪なので気を付けましょう。

外デートと家デートのバランスが大事

外デートと家デートのバランスが長期的な関係を築く時に重要になります。


外デートばかりだと外食などで財布からお金がどんどん飛んでいき、家デートばかりだとマンネリ化してきて、パートナーとの長期的な関係が築けません。

  外デート 家デート
費用 高くなりがち 安く済ませられる
刺激度 刺激的なことが多い マンネリ化しやすい
不倫がバレやすいか 不倫がバレにくい 証拠が見つかるとバレやすい


つまり、カップルの場合、普段は外デートで、たまには家デートをすると、財布からあまりお金が出て行かなくて済みます。


一方で、セフレや不倫関係の場合、どちらかが一人暮らしであれば、ホテル代を節約するために普段は家デートで、たまに外デートをすると、息抜きにもなり、長期的にセフレ関係を築けます。


バランスを考えて、外デートと家デートを組み合わせることで、恋人やセフレと長く付き合えることができます。


Py
自分も一人暮らしをしていた時は、セフレとのセックスは毎回自宅でした。出会い系サイトで知り合った女性と恋人関係になって以降は、普段は外デートで、たまに家デートをしています。


特にセフレの場合、セックス以外で女性を満足させることができるかどうかが、長期的にタダマンできるかどうかにかかっています。


試行錯誤を繰り返して、自分だけの節約デートプランを考えてみましょう!

恋人・セフレは出会い系サイトで見つけるのが主流

コミュ障で恋愛経験ゼロでもPCMAXに救われました

PCMAXは一番オススメする出会い系サイトです。なぜなら、1500万人以上のダントツに多い会員数と、男女から圧倒的支持があるPCMAXを使い倒したことで、社会人童貞で恋愛経験ゼロの自分の人生を大きく変えてくれたからです。


PCMAXで経験豊富な女性に童貞を卒業してもらい、複数の女性をセフレにして、結婚前提の恋人を作れたことで、コミュ障で恋愛経験ゼロの昔の自分から卒業できました。

●童貞を卒業できて自信がついた

●セックスの本当の楽しさがわかった

●結婚前提の恋人が作れた


もしも自分がPCMAXなどの出会い系サイトに出会っていなかったら、一生童貞でオナニーだけが楽しみの人生になっていたと考えるとゾッとします。


「俺はイケメンで、社長の御曹司だから女性には困らない」「バレンタインデーでチョコをもらいすぎて困っている」「クリスマスは愛人たちとHする予定あるけど何か?」といった女性に恵まれた男には、出会い系サイトは不要です。


しかし、以前の自分のように「恋人いなくて寂しい」「セックスしたいけど、風俗で童貞を卒業するのはなんか違う」「セフレ作って色々やりたい」という思いを一つでも胸に秘めているのであれば、出会い系サイトを使い倒すべきです。


出会い系サイトに少しでも興味があれば、PCMAXに登録して人生を変えることを強くオススメします。即行動を心がけて、自分の人生を大きく前進させましょう!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

-セックス授業

Copyright© 出会い進化論 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.