出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

セックス授業

不倫相手の自宅でセックスは危険!夫や子供に鉢合わせのリスクも・・・

朝から夜までハイテンション!!!!!!


今回は、不倫相手の家でセックスすることが危険すぎる理由と、メリットが少なすぎることについて解説していきます。そもそも不倫は危険な火遊びなので、十分注意したいものです。不倫をするなら不倫相手の自宅は止めておきましょう。ホテル代よりも高額になってしまうかもしれません。

■目次

●矢口真里も自宅不倫でバレた
●隠しカメラを設置している場合も
●不倫相手の夫が早く帰宅する
●些細なきっかけでバレる
●不倫相手の子供が喋る危険性

不倫相手の自宅は危険と隣り合わせ

矢口真里も自宅不倫でバレた

タレントの矢口真里さんも2013年に自宅で不倫相手と寝ていることがバレて、修羅場を経験しました。自分と夫と不倫相手がばったり会うのは、恐怖でしかありません。簡単に矢口真里さんの自宅不倫についてまとめてみます。

『週刊女性』によると、夫の中村がドラマの地方ロケに泊まりで行っている間、矢口は業界関係者数人との飲み会に参加したそうです。お開きのあと、参加者の1人であるファッション誌の男性モデル・梅田賢三(25)を自宅に招き、二人で寝室にいるところを夫の中村に目撃されたといいます。(参考:探偵ポータル

まさか中村が帰ってくるとは思っていなかった矢口は、物音で飛び起き、顔面蒼白でしばし茫然となった。「そのうち男も起き、事の重大さを飲み込んだようで、中村に対して即座に土下座。離婚訴訟に備えてか、中村は2人の関係が一発でわかる“物的証拠”をその場で押さえ、そのままマンションを出て別居に至りました」(参考:Asageiplus


夫が帰ってくるのが予想より早かったことが不倫がバレてしまった原因のようです。ちなみに、元夫である中村昌也さんは、矢口真里さんから知らない男の香りが漂っていることを察知していたそうです。結局矢口さんは健康状態を理由に、タレント活動を一時休止する事態に発展し、数千万円規模の違約金も分割で支払わされる羽目になりました。


今回のパターンは、矢口さんが不倫相手の梅田賢三さんを誘ったことがそもそもの始まりですが、不倫がバレてしまうと大きなマイナスになります。もしも自宅で不倫さえしなければ、今でも中村さんと普通に結婚生活を送ることができたかもしれません。ホテル不倫よりも夫と鉢合わせるリスクが非常に高いので注意が必要です。

隠しカメラを設置している場合も

不倫相手の夫が妻の行動に疑問を感じた場合、探偵を雇ったり、自宅に隠しカメラを設置することも考えられます。最近ではペットの見守り用のカメラで自宅不倫が発覚したり、隠しカメラで不倫の現場を押さえれる事例が多く発生しています。技術の進歩で画像が長時間、鮮明に撮影できるようになったからです。


パナソニックからもペットカメラが発売されており、小型なのに自動追尾機能を持っているものもあります。また2万円程度の金額でペット用カメラは購入できますので、知らず知らずのうちに仕掛けれていたなんてことになるかもしれません。


植木鉢や本棚、枕元に隠しカメラが設置されているかもしれません。机に置いていあるスマートフォンが不自然に配置されていたら、監視カメラの可能性も考えられます。消しゴムからコンセントまで、隠しカメラを隠そうと思えばどこでも隠すことができます。そのため、電磁パルス砲で電子機器を破壊しない限り、安心して不倫相手の家でセックスできません。


隠しカメラはエアコンの上や、テレビ付近、観葉植物などに見つからないように設置できます。上の写真だけでも何個かバレずに隠しカメラを設置できます。ペット用のカメラを片付けたからOKと油断しないで、隅々までチェックしなければ安心できません。そのため、隠しカメラにおびえながらセックスするよりも、ケチらないでラブホに行ったほうがいいです。


ただし、不倫相手の夫が隠しカメラをつけるということは、夫も何らかの不倫の臭いを嗅ぎつけていることになります。そもそも夫が不倫を疑わなければ妻に内緒で隠しカメラを設置することはほぼありません。そのため、隠しカメラを設置したくなるような言動等に不倫相手が気を付ける必要があります。自分では何ともできないのであれですが、要は不倫相手次第ってことです。

不倫相手の夫が早く帰宅する

自宅不倫がバレる一番の原因は、偶然早く帰宅してきた不倫相手の夫と鉢合わせしてしまうことです。矢口真里の場合のパターンもそれです。もちろん不倫相手だって自宅不倫をする場合、夫の帰宅時間を考慮します。しかし、計算の読みが外れると悲劇に変わります。

●飲み会が当日急にキャンセルになった

●出張期間が予定よりも短くなった

●セックスに熱中しすぎて時間が過ぎた


不倫相手の夫はサラリーマンがほとんどなので、毎日大体決まった時間に帰宅します。しかし、飲み会があれば当然帰宅時間は夜遅くになります。いつもなら18時に帰宅する男性の場合、飲み会で22時過ぎに帰宅するのは珍しくありません。


それを見越して自宅不倫をする人もいますが、飲み会が急にキャンセルになることもあります。夫が家を出発するときに「飲み会があるから遅くなる」と言っても、LINEで「飲み会がなくなったから家で食べる」と返信するのは珍しくありません。セックスに熱中しすぎてLINEを読んでいなかったり、夫がLINEで連絡しなかったら、鉢合わせのリスクが高まります。


また主張期間が予定よりも短くなって、数日早く帰宅して、バレるパターンもあります。出張先の商談がスムーズに進みすぎたり、現場のトラブルが早く解決した場合などに出張期間が短くなりやすくなります。夫が出張が短くなったことを連絡してそれを不倫相手が把握すれば事件は起こりません。夫の連絡忘れや不倫相手がLINEを見なければ、事件が起こります。


意外に思うかもしれませんが、セックスに熱中しすぎて夫の帰りを忘れてしまったパターンもあります。矢口真里の不倫も自宅で仲良く不倫相手の男性と寝ているところを元夫によって発見されました。不倫相手とのセックスは燃えますが、楽しい時間はあっという間なので、時間に気をつけてセックスするようにしたいです。

些細なきっかけでバレる

自宅不倫は、隠しカメラを設置しなくても不倫相手の夫と鉢合わせしなくても、バレるときはバレます。ほんの些細なことでバレることも珍しくありません。そこで、些細なことで自宅不倫がバレた例を紹介します。珍しい例ですが、ネットには家で飼っているオウムが「旦那のより気持ちいい」という声を録音して喋ったことで浮気がバレたケースもありました。

●使用済みコンドームがゴミ箱に捨ててある

●シーツに一戦交えた後の体液が付いている

●知らない男性の忘れ物がある


使用済みコンドームがゴミ箱に捨ててあるのを夫が発見することで不倫がバレます。普段は使うことのないコンドームがゴミ箱に捨ててあるのを男性が発見したら、どんな鈍感な男性でも不倫に気がつくでしょう。ただし普段からコンドームを使っているのであれば、バレにくいです。けれども不倫に走る女性の多くが夫婦間のセックスレスが原因であることが多いです。そのため、セックスレスの夫婦の家に使用済みコンドームがゴミ箱に捨ててあるのは決定的な証拠になります。


不倫する側も新聞しか何かに包んで捨てると思いますが、何かの拍子に使い捨てコンドームをそのまま捨ててしまうことがあるかもしれません。それにたくさん発射した場合、行方不明になっていた使用済みコンドームがベットの隅に落ちていたなんてこともあります。


他にも、シーツに体液がついていたことで不倫がバレるケースがあります。体液だけではなく、男臭い汗でバレることもあります。シーツを洗濯するのを忘れると発覚しやすいです。また勢いよく膣外射精をした際に枕にかかってしまったり、潮吹きをたくさんしてシーツの下も濡らしてしまったことによってバレることもあります。


ベットに不倫相手の夫が座ったときに、ベットが湿っていたり、変な臭いが漂っているのに気づかれる危険性があります。その場合、ほとんどの男性が浮気だと気がつきます。浮気だとバレないためには、シーツを洗濯することはもちろんのこと、ベット周りに変な汚れがついていないか確認する必要があります。


また忘れ物をしてしまったときに、不倫が発覚することもあります。腕時計やスマートフォン、パンツやシャツなどを忘れると不倫相手の夫は「誰のもの?」となります。そうそう忘れるものではありませんが、汗臭いシャツをそのまま放置して忘れていくのはやめておきましょう。

不倫相手の子供が喋る危険性

不倫相手の子供が原因で不倫がバレることもあります。子供に不倫の現場を見られた場合、子供がとる行動は次の3つです。ちなみに不倫の現場はセックスだけではなく、頻繁に家に出入りしていることを見られることも含みます。

●見て見ぬふりをする

●誰かに喋る

●不倫相手の男性と仲良くなる


自分の母親が知らない男性と仲良くしていた場合、物心がついた年齢になると、「よくわからないけど話題にしてはいけない」と思うようになります。そのため、不倫相手の男性が挨拶しても無視をしたり、適度な距離を保って接することが多くなります。セックス現場やキスシーンを見られていなければ、ただの友達としての関係だと思われるだけですみます。


「なんか知らないけど、男の人がよく家に来るな~、不倫かもしれないけど、これといったシーンを見ていないし、見ぬふりをしよう」と思うのが大半だと思います。子供が賢ければ、不倫が発覚すれば家族が崩壊する可能性を考えるので、違和感を感じながらも黙っていてくれます。まあ子供に見られないのが一番ですが・・・


小学生低学年以下の子供に多いのが、誰かに喋るパターンです。喋る人は自分の父親(不倫相手の夫)だけでなく、親戚や友達などに喋りまくる危険性があります。夫だけにバレるだけでなく、周りの人たちにバレるのは最悪です。特に子供は思ったことをそのまま口にしやすいので、注意が必要です。


「よく家に遊びに来るお兄さんって誰?」「おちんちん咥えながら、変な声出してたー」「おじちゃんって家族なの?」そんなことを平気で言うのが子供です。キスやセックスを見られなかったとしても、「家に知らない男性が来た」というのは不倫がバレるパワーワードなので気を付けたいところです。


その他にも不倫相手だと知らずに仲良くなってしまうケースもあります。その場合、子供が悪気がなく今日の出来事を食卓で話してしまう危険性があります。「知らない男性が遊びに来た」という言葉は危険なので、子供にはその出来事を話さないように箝口令を強いておく必要があります。ついうっかりなんてことがあるので、不倫相手と子供を会わせないようにするのが大事になります。子供に不倫相手を知られるのは百害あって一利なしなので、ポイントとして押さえておきましょう。


結論ですが、自宅不倫はバレるリスクが大きいです。そのため、自宅不倫をするよりもラブホでセックスをしたほうが、安心して不倫をすることができます。人妻を寝取りたい!不倫をしてみたいけど相手がいない!という人は、大手の出会い系サイトで人妻を見つけるべきです。大手の出会い系サイトに登録している女性には、セックスレスが続いている欲求不満の人妻も多く登録しています。


旦那さんには申し訳ありませんが、自分の欲望には素直に応じるべきです。特に大手の出会い系サイトのなかでもオススメなのがPCMAXです。PCMAXは若い人妻も大勢登録しているので、今すぐ登録しましょう!自分もPCMAXで出会った人妻と一日に5回戦したことがあります!登録は簡単なので、今すぐ登録してセックスしましょう!


簡単・無料登録のPCMAXはコチラ


人生を変えた出会い系サイト

人生損するな!PCMAXがあなたを幸せにする理由



PCMAXは自分が一番オススメする出会い系サイトです。なぜなら、社会人童貞で、恋愛経験ゼロの自分の人生を大きく変えてくれたのがPCMAXだからです。


PCMAXで童貞を卒業して、複数の女性をセフレにして、結婚前提の恋人を作れて自分の人生が大きく変わりました。

●童貞を卒業して心が強くなった

●セックスが楽しみの一つになった

●結婚前提の恋人をつくれた


もしも自分がPCMAXなどを含めた出会い系サイトに出会っていなかったら、一生童貞でオナニーだけが楽しみの人生になっていたと考えるとゾッとします。


そのため、あなたにも女性とのデートやセックスを通して幸せになってもらいたいので、PCMAXに登録して人生を変えることを強くオススメします。即行動を心がけて、自分の人生を大きく前進させましょう!


簡単・無料登録のPCMAXはコチラ


-セックス授業

Copyright© 出会い進化論 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.