出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

セックス授業

中出しは絶対ばれる!ゴム無しで妊娠の心配をしない方法とは?!

おっす、朝から夜までハイテンション!!!!!!!


前回の記事では、パイパンがメリットだらけという紹介をした。まだ読んでいなければ、ぜひ読んで欲しい。



今回は、中出しをすると絶対にバレる理由と、ゴム無しセックスで妊娠しない方法を紹介する。セフレの関係だったはずなのに、妊娠させると厄介なことになるぞ。


中出しする相手がいなければ、中出しOKの女性が多いPCMAXに登録すべきだ!


簡単・無料登録のPCMAXはコチラ

中出しは女性に絶対にバレる

マンコから精子が垂れてくる

中出しをするとマンコから精子が垂れ流れてくる。透明な愛液とは違い、精液は白くトロロのように濁っているので女性が見たら一目瞭然でバレる。


本来であれば写真で紹介したいのだが、少し汚いのでイラストで解説する。意外に思うかもしれないが、中出しをした後にチンコを抜いた場合でも、精子が大量にマンコからあふれ出ることはあまりない(俺の場合)。


しかし、中出しをするとチンコに精液がべったりとつくし(参考:上イラスト)、女性の膣が受け止められなかった精子が逆流する。その結果、マンコ周辺に精液が垂れ出てくるのだ。


当然、マンコから白っぽいドロドロした液体が流れ出てきたら、女性はすぐに中出しされたと気が付く。だから、中出しされたことはすぐにバレる。


しかし、中出しがバレない方法も存在することには存在する。これからの説明は、女性に内緒で中出しをするための方法ではないことだけ、注意してほしい。中出し後の処理が面倒だと女性が文句を言った時に試すといい。


女性とセックスする1時間ぐらい前に、オナニーを2回ほど行えばいい。そうすることで、精液の量が大幅に減らすことができる。ただし、精液の量が減るだけで妊娠する可能性は十分にある。


精液の量が減る分、マンコから精液が垂れ流れることはほとんどなくなる。そのため、女性が中出しされたことに気が付かない可能性が高まる。しかし、中出しは妊娠する可能性がある行為なので、女性の許可が必要だ。

中出しの瞬間はわからない

女性にとって中出しの瞬間は中出しされたことに気が付かない。よくエロマンガで、中出しセックスをされた時に、「熱い精液がドクドク流れるのが気持ちいい」なんて言っているシーンがある。しかし実際に中出ししてみると、女性はそんなことを感じることは少ない。


中出しはチンコとマンコが直接触れ合うわけだが、男性はもちろん、女性にとっても気持ちのいい行為なのは確かだ。だが、射精した精液は、愛液などでごちゃ混ぜになるため、精液がドクドク流れるのを感じることは難しいらしい。


そのため、射精で中出ししたとしても、その瞬間は女性は中出しされたことに気が付かないことが多い。多くの女性が中出しされたことに初めて気が付くのは、精液が逆流してマンコの外に流れたときだ。

参考

「正直わからない。抜いた瞬間にどろっと出てくるのはわかるけど、中に出されてるのはなにも感じない。ゴムと変化なし!」(28歳/女性/美容師)「コンドームを装着している時との違いは、抜いた瞬間に精液が垂れてくるかこないかだけ」といった、実にハッキリとした内容になっています。

(参考:オトメスゴレン


中出しの魅力に取りつかれる女性もいる一方、多くの女性は中出しもゴム有も同じように感じることが多い。そのため、「中出しは妊娠するリスクが高いだけ」と考える女性が多い。それに、中出しの後は精液が垂れ流れるため、マンコの周りが臭くなる。


マンコが精液で臭くなって、ゴム有とあまりかわらないなら、中出しするメリットは女性にとってあまりないかもしれない。


また、特に妊娠しやすい20代の女性は、なかなか中出しを許可してくれない傾向がある。いくら好きで付き合っていたとしても、結婚となると慎重になりたいものだ。それに、セフレだったら妊娠させるわけにはいかない。


何十億個の精子を出して終わりの男性に対して、女性は妊娠というリスクが常に付きまとう。そのため、多くの女性は目の前の快楽よりも妊娠するリスクをすごく心配しているのだ。


ちなみに安全日に中出しで妊娠する確率は1%から25%で妊娠するとの調査結果もある。それでも、一度でも中出しすると妊娠する確率が高いことは頭に入れておくべきだ。1年間避妊しないで毎日子作りに励むと、妊娠する確率は85%になるとの調査結果もある。


中出しで妊娠する確率のパーセンテージの幅が広すぎると感じるかもしれないが、年齢や体質などによって変化するからだ。


また、中出しは特別な儀式だととらえている女性も多い。妊娠させる可能性のある中出しだから、男性が気軽にしてほしくないのだ。そのため、避妊をしっかりして中出しをお願いしても、中出しを断られることもあるかもしれない。


特に中出しが当たり前に行われているAVに影響を受けて、中出しが自然なこと思っているなら注意が必要だ。中出しを勝手に行うことは、女性の尊厳を傷つける行為なので注意しよう。

中出しは男女ともに気持ちがいい

中出しは本来であれば、男女関係なく気持ちがいい行為だ。中出しが気持ちいい理由をまとめてみたぞ。

●膣外射精と比べて、射精をコントロールしなくてもいいから

●マンコのヌメヌメが直接伝わるから

●妊娠させたい本能があるから


膣外射精(避妊法としてはオススメしない)の場合、射精をするときだけ胸や顔にかけることが多い。そのため、射精をコントロールする必要があり、セックスを楽しめないことが多い。しかし、中出しならいつでもマンコの中に射精していい。


そのため、中出しはストレスフリーのセックスだといえる。射精する瞬間にマンコからわざわざ抜くよりも、そのまま中で出したほうが気持ちがいい。自分で射精に気を取られることなくセックスできるのは中出しの大きな特徴だ。


また、コンドームがかぶさっていないため、マンコとチンコが直接触れ合うことで、気持ちよさが倍増する。水着をきてプールに入るよりも、裸のまま温泉に浸かるほうが気持ちがいいように、ゴムがないほうがセックスも気持ちよく感じる。それは女性にとっても同じことだ。


ただ、最近のコンドームだと0.01mmのタイプが登場したおかげで、気持ちよさの差があまり感じなくなってきた。0.01mmのコンドームでもマンコのヌメヌメした触感が伝わってくるので、気持ちの問題だけかもしれない。


他にも中出しが気持ちがいい理由としては、男性にとって中出しは妊娠させる行為なので、女性を自分のものにできる支配欲がくすぶられるからだ。男性にとって妊娠させることは、次の子孫を残す行為だ。そのため、中出しセックスは男性の支配欲と相性がいい。


コンドームの進化によって、中出しとゴム有の差があまり感じられなくなった。しかし、それでも中出しが気持ちよく感じるのは、男性のDNAの影響かもしれない。

中出しでも妊娠しにくい方法

オナニーで精液の量を少なくする

中出しをしたい男性はほとんどだと思うが、妊娠してしまうかもしれない可能性を考えると、躊躇してしまう。ちなみに安全日に中出しで妊娠する確率は1%から25%との調査結果もある。パーセンテージの幅が広すぎるが、年齢や体質などによって変化するからだ。


中出しししても妊娠しないようにするためには、精子の量が少なければいい。中出しする前にオナニーを数回やれば精子の数が減る。精子の数を数億個減らせば、受精する精子の数も減るわけだから、それだけ妊娠の確率を抑えられる。


ただし、我慢汁でも妊娠させてしまう例もあるので、残念ながら効果は薄いといえる。ちなみに、膣外射精で妊娠する確率は、100組のカップルがいれば20組は妊娠することになる。


膣外射精でも5組に1組は妊娠しているので、精液の量を少なくした状態で、セックスしたとしても妊娠する可能性は十分にある。そのため、この方法はあまり使えないと言わざるを得ない。

生理前の安全日

生理前の安全日なら妊娠する確率は限りなく低いといわれている。しかし、インターネットで調べたところ、「妊娠する確率はほぼゼロ派」と「妊娠する確率はある派」に分かれていたので、生理前だから妊娠しないとは断言できない(どっちなんだ・・・)。

参考

一般的に、女性の排卵が起こるのは、28日周期で生理がくる人の場合、生理が始まってから約2週間後。そして、精子の生存期間は通常2~3日だから、生理期間なら大丈夫と思われがちですが、私たちのカラダは規則的に動く機械ではありません!!たとえば、生理の6日目や7日目に大丈夫と思ってコンドームをつけなかったとします。ところが、精子がたまたま1週間生き残ってしまうと、排卵にかち合ってしまう。そうすると妊娠してしまうかもしれません!

(参考:ViVi


他にもストレスで排卵が早まったり、生理周期を勘違いして排卵日(危険日)に中出しをすると、妊娠する可能性が非常に高まる。男性にはよくわからないかもしれないが、女性の生理の周期は一定ではない。だから、生理前だからコンドームをつけなくてOKという発想は避けるべきだ。


月経周期から排卵日を予測するオギノ式や、体温で排卵日を予測する基礎体温法も、同じく当てにならないと考えたほうがいい。そもそもオギノ式や基礎体温法は、妊娠を望むカップルのために作られたものだ。


本来であれば、妊娠を望まない場合に使うものではないので注意したい。生理周期が不安定なことが多いので、安易な発想で中出しセックスをするべきではない。

低用量ピルを服用してもらう

低用量ピルを服用するのが妊娠しない方法だ。もし自分が中出しセックスをしたいとなったら、パートナーの女性に服用させるようにするだろう(基本的に俺はゴム派だ)。

参考

ピルを飲むと、「排卵をおさえる」「粘液を変化させる」「子宮内膜の増殖をおさえる」というホルモンの3つの作用によって、約99.9%という高い確率で避妊することができるのです。

(参考:マイナビニュース


ピルはぶっちゃ言うと、人類が安心して中出しをするために生まれてきた画期的な避妊方法だ。日本で低用量ピルが認可されたのが1999年だから、歴史が浅い避妊方法だ。


先ほどのマイナビニュースの引用に、避妊確率約99.9%となっているが、100%にしない理由は、訴えられるのを防ぐためだ。そのため、ピルを正しく服用すれば妊娠する確率は限りなくゼロに近い。


それにピルには、生理の周期をコントロールしたり、生理痛やニキビを改善させたり、ピルの服用をやめれば妊娠できるメリットがある。そのため、望まない妊娠を避ける目的以外にも服用されることが多い。


ちなみにピルを服用したその日から避妊効果があると言われる。そんな最強のピルだが、いくつか注意点がある。

●1か月2500円程度かかる(病院によって変わる。保険適用外)

●子宮頸がん検診が必要

●血栓症のリスクがある

●40歳以上はオススメしない

●喫煙者は服用できない


ピルは1か月で2500円程度かかる。初診だと7000円近くかかることもあるので注意したい。避妊目的の場合、基本的に避妊効果の高い保険適用外のピルを処方されるケースが多い。自費負担でも2500円程度で済むので、安いといえる。詳しくは自宅近くのクリニックで聞いて欲しい。


またピルを服用していると、子宮頸がん検診が必要になる。ピルを服用すれば、子宮体がんや卵巣がんになるリスクを下げることができる一方で、子宮頸がんになりやすいという報告もある。ただし、子宮頸がん検診はピルの服用に関係なく定期的に検査したほうがいい。

参考

また、子宮頸がん検診さえ受けていれば、子宮頸がんは早い段階で見つけて治療できますから怖い病気ではありません。検診は必ず受けてください。

(参考:がんサポート


産婦人科によっては40歳以上の服用を控えるようにしている場合もある。40歳以上になると血栓症を引き起こしやすいのが理由だそうだ。同じく喫煙者がピルを服用すると血栓症のリスクが上がるので、気をつけたい。


男子にはあまり関係ない話を長々としたが、もし中出しセックスをするなら低用量ピルをパートナーに服用させるのがベストだ。ただし、ピルの服用にはいくつか注意事項があるので、産婦人科で処方される際には、担当医からしっかりと説明を聞いて欲しい。


低用量ピルは産婦人科で、医者の許可がなければ処方してもらえないので注意が必要だ。

アフターピルを飲んでもらう

セックスで中出しした後にアフターピルを飲ませるのも効果がある。ただし、あくまでアフターピルは、レイプやコンドームが破れたなどの予期せぬトラブルが起きたときのための避妊方法だ。そのため、アフターピルを気軽に使うべきではない。

参考

モーニングアフターピルとは、望まない妊娠を避けるために作られた緊急避妊薬です。受精卵の着床を防ぐための女性用ホルモン剤で、避妊に失敗した性行為後72時間以内に服用することで、望まぬ妊娠を防ぎます。この方法で妊娠の確率を25%→0.7%にまで減らすことができます。

(参考:医療法人うたし会クリニック ロタージェ


注意すべき点は、早めに服用させることだ。早めに服用すれば効果が高まる。射精直後から12時間以内に服用した場合、妊娠する確率は0.5%だが、24時間以内に服用すると1.5%に上がる。


また、低用量ピルと比べてアフターピルは妊娠してしまう危険性がある。そのため、初めから中出し目的の場合、低用量ピルだけにしておきたい。


女性によっては、アフターピルを飲むと吐き気や眠気、倦怠感、頭痛、不正出血などの症状が出るため、緊急時以外ではアフターピルの服用はしないようにしたい。


閉経後の女性は妊娠しない

閉経後の女性は妊娠しないといわれる。ただし、閉経後でも妊娠した例も非常に稀にあったらしい(どっちなんだ・・・)。ちなみに、元イギリス首相トニー・ブレアの妻シェリー・ブレアさんは45歳の時に妊娠したので、年齢を当てにするのは危険だ。


自然の状態で月経が1年こなければ閉経したと言われており、閉経の平均は50歳から51歳ごろだと言われている。そのため、女性が閉経していれば、中出しし放題ということになる。


ただし、この避妊方法?の欠点が、若い女性を相手にできないことだ。熟女好きなら嬉しいだろうが、多くの男性は若い女性とセックスしたい。


それに、出会い系サイトでもなかなか50歳以上にお目にかかれない(俺だけか?)。ここで紹介している出会い系サイトの多くが20代や30代の若者向けだからかもしれないが・・・・。


刺激を求めている50歳以上の女性も多い一方で、家族のことを気にして上手く出会えないことも少なくない。そのため、熟女と出会うのはなかなか簡単なことではない。


やっぱり確実なのは、低用量ピルを女性に飲ませて中出しすることだ。女性の許可を絶対に取れよ!


中出しセックスをしたいけど、彼女いない!!!という男子はPCMAXで女性を探そう!PCMAXだと中出しセックス希望の20代の女性が簡単に見つかるぞ!


簡単・無料登録のPCMAXはコチラ

-セックス授業

Copyright© 出会い進化論 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.